医療クラスター形成について

医療クラスター形成について

北大阪健康医療都市(健都)では、令和元年(2019年)7月に移転した国立循環器病研究センター、平成30年(2018年)12月に移転した市立吹田市民病院に加え、医療・健康関連分野の企業・研究機関等の誘致などを通じて、国立循環器病研究センターを中心とする国際級の複合医療産業拠点(医療クラスター)の形成を目指しています。

これに先立ち、平成26年(2014年)5月には、地元市長、経済界代表者、国立循環器病研究センター総長等が参画した「医療クラスター形成会議」において、まちづくりのグランドデザインとして、下記の「基本的な考え方」が了承されました。

国立循環器病研究センターを核とした医療クラスター形成に関する基本的な考え方【概要】