周辺アクセス道路

概要

新たな都市拠点を支える都市基盤を整備するため、「吹田操車場跡地地区(仮称)整備に関する基本協定書」に基づき、大阪府、吹田市、摂津市はUR都市機構へ土地区画整理事業の施行を要請し、両市は、平成20年(2008年)7月に土地区画整理事業及び関連する都市計画道路を都市計画決定し、平成21年(2009年)には、UR都市機構が国土交通大臣から土地区画整理事業の事業認可を取得しました。
また、北大阪健康医療都市(健都)へアクセスする重要な都市計画道路天道岸部線の事業認可を平成20年度(2008年度)に吹田市が取得し、まちを支える都市基盤の整備を進めています。

特徴

北大阪健康医療都市(健都)へのアクセス道路は、大阪高槻京都線等からつながる、山田佐井寺岸部線(既存道路)、天道岸部線、岸部中千里丘線、豊中岸部線及び千里丘中央線(摂津市域)となります。

  • 天道岸部線(吹田市施行)
    • 幅員13m、延長203m
    • 北大阪健康医療都市(健都)への重要なアクセス道路として、平成20年度(2008年度)に事業認可を取得し、整備を進め、平成26年度(2014年度)末に完成しました。
  • 天道岸部線(UR施行)
    • 幅員16m、延長約1020m
    • 吹田市が施工した天道岸部線から、摂津市域までの間を吹田操車場跡地土地区画整理事業により整備を進め、平成27年度(2015年度)末に完成しました。
  • 岸部中千里丘線
    • 幅員18m、延長550m
    • 国立循環器病研究センターを誘致する中で、救急搬送車がスムーズに利用できる道路整備は不可欠でした。南千里岸部線の路線変更、事業認可等の手続を終え、整備工事を行い、平成30年度(2018年度)末の完成予定です。
  • 豊中岸部線(大阪府施行)
    • 大阪府が施行する豊中岸部線の拡幅工事により、大阪市方面からのアクセス改善も期待されます。
  • 千里丘中央線
    • 幅員10.5~14.0m、延長1,391m
    • JR岸辺駅付近の摂津市域界からJR千里丘駅付近までの間を吹田操車場跡地土地区画整理事業により整備し、平成27年度(2015年度)末に完成しました。
traffic_img01

 

スケジュール

時期内容
平成26年度(2014年度)都市計画道路天道岸部線(吹田市施行) 完成
平成27年度(2015年度)

都市計画道路天道岸部線(UR施行) 完成
都市計画道路千里丘中央線 完成

平成30年度(2018年度)都市計画道路岸部中千里丘線 完成予定