国立循環器病研究センターと吹田市民病院が隣接するとメリットがあるのですか?

国立循環器病研究センターは、脳卒中、心疾患などの循環器疾患に関して、世界をリードする高度専門医療機関でありますが、呼吸器疾患など他の疾患との合併症があったときには、他の病院と連携して対応していくことになります。
地域医療を担う総合病院である市立吹田市民病院と隣接することにより、こうした合併症への迅速な対応が可能となり、地域医療の質が向上します。
また、隣り同士という立地を生かし、お互い密に連携し、例えば、医師研修を共同で行う、共同研究を行うなど、様々な連携が期待されます。