【国循】積水ハウスと「住宅において発生する急性疾患 (心疾患・脳疾患)の早期発見」や「循環器疾患の早期発見・予防」等 に関する連携協定を締結

 国立研究開発法人国立循環器病研究センター(理事長 大津欣也、以下「国立循環器病研究センター」)と、積水ハウス株式会社(代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 仲井嘉浩、以下「積水ハウス」)は、健康寿命の延伸を目指して、医療や健康づくりに関わる研究、人財交流、地域連携、健康セミナー、啓発活動等について、相互に協力し、双方の発展に寄与することを目的とした連携協定を締結しました。
 本協定の締結により、人生100年時代における幸せの追求と健康寿命のさらなる延伸を目指して、住宅において発生する急性疾患(心疾患・脳疾患)の早期発見に関することや、循環器疾患の早期発見・予防に関すること等について、共同研究開始に向けた取り組みを行います。


国立循環器病研究センター 大津欣也 理事長(右)
積水ハウス 仲井嘉浩 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO(左)

 

■主な連携・協力事項
(1)住宅において発生する急性疾患(心疾患・脳疾患)の早期発見に関すること
(2)循環器疾患の早期発見・予防に関すること
(3)「生活習慣・住環境」や「メンタル・ストレス」がバイタルに及ぼす影響
(4)循環器病予防を中心とした健康セミナー、啓発活動、高度循環器ドックなどの活用
 積水ハウスは、“「わが家」を世界一幸せな場所にする”というグローバルビジョンを掲げ、人生100年時代の幸せの提供・住まい手価値の創出を目指しています。今後も、住宅を起点に「健康」「つながり」「学び」をテーマに、先端技術を用いて住まい手のデータを取得し、無形資産を生み出し続けられる家の提供「プラットフォームハウス構想」を進めていきます。

 

■共同研究に向けた連携協定での取り組み
 積水ハウスが取得する住まい手データ(ライフスタイルデータと住環境データ)と、国立循環器病研究センターが有する循環器病領域に関する豊富な研究実績、知見を最大限活用し、住まい手の健康に寄与するテーマの共同研究につなげます。