【NKビル】バイオ・ヘルスケア分野における特許出願・権利化・活用戦略(12/14)

この度、バイオ・ヘルスケア関連の経験が豊富で、大阪・京都・神戸にオフィスを持たれているTMI総合法律事務所の現役弁護士・弁理士の方にご登壇いただき、バイオ・ヘルスケア企業に向けて、法務・知財の実務基礎を学べるセミナーを開催いたします。今回のテーマは、「バイオ・ヘルスケア企業における特許出願・権利化・活用戦略について」。ご講演いただく内容は以下の通りです。

バイオ・ヘルスケア企業にとって、ノウハウ保護のみならず、自社の事業や製品を保護する特許の存在やその活用は極めて重要です。
また、バイオ・ヘルスケア分野では、共同研究契約や技術導入契約の締結が必須であったり、グローバルな出願戦略も求められる中、とりわけ、日米欧においてだけでも、審査実務は大きく異なる面もあります。それに伴い、スタートアップであっても戦略的な管理が様々な場面で求められるのが現状です。
本セミナーでは、バイオ・ヘルスケア分野における知財、中でも、特許出願・権利化・活用戦略等に焦点を当てて、その概要を説明いたします。

特許に関する基礎知識を学びなおすことができるこの機会。
是非みなさまご参加くださいませ。
 

このイベントに申し込む

 

パネリスト紹介
・TMI総合法律事務所 弁理士  山田 拓氏
日本国弁理士、博士(農学)。
東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。
2007年よりTMI総合法律事務所東京オフィス勤務。
大学院修了後、企業での創薬研究を経て、特許庁審査第三部(医療、当時)にて医薬品・食品に関する審査に従事した経験を有する。医療・バイオ分野を専門とし、知財DDや契約交渉における経験を多数有する。大手製薬会社の案件に加え、大学・スタートアップの案件を多く担当している。
 

イベント要項

 バイオ・ヘルスケア分野における特許出願・権利化・活用戦略
日 時2022年12月14日(水)17:00~18:00   
対 象特許出願戦略・活用戦略についてご興味のある方
現地会場
〒566-0002 大阪府摂津市千里丘新町3-17
健都イノベーションパークNKビル1Fク・ラスターラウンジ
交通アクセス:JR京都線岸辺駅より徒歩7分
(定員25名)
オンライン会場
Zoomウェビナー(定員200名)
※お申込いただいた方には、お申込み後と開催前日にZoomウェビナーのURLをご送付します
参加費無料
主 催JR西日本不動産開発株式会社、京都リサーチパーク株式会社
お問合せ
京都リサーチパーク株式会社 新事業開発部 
担当:池田 tkl@ml.krp.co.jp


HPよりお申込みをお願いいたします。