市立吹田市民病院

地方独立行政法人 市立吹田市民病院理事長 徳田育朗

地方独立行政法人 市立吹田市民病院理事長 徳田育朗

当院は、現在の所在地(片山町)に昭和57年(1982年)に新病院を開院して以来、30年以上が経過しました。
病院施設の老朽化とともに、医療の高度化への対応、また地震災害への対応の面において十分な状況でないことから、吹田操車場跡地への移転建替えを決定し、現在、新病院の建設に取り組んでいます。
吹田操車場跡地では、国際級の医療クラスターの形成を目指したまちづくりを進めています。総合病院である当院が、そのポテンシャルを発揮し、隣接する国立循環器病研究センター、医療研究機関等と連携することで、新たな医療提供モデルの構築を図り、患者の皆様により良い医療の提供が可能になるものと期待しています。
また、吹田市が吹田操車場跡地に計画している健康増進広場や緑の遊歩道は、高齢となっても健康な生活を送るための予防医療の実践の場としての機能を有し、その施設に対する期待は社会の高齢化に伴い、より大きくなっていくものと考えています。
なお、当院においても、高齢者のQOLの維持・改善に繋がる股関節、膝関節疾患に対する人工関節手術については、高い評価を受けていますが、吹田操車場跡地で開院する新病院においても社会的課題である健康寿命の延伸への取組に貢献できるものと考えています。
最後に、吹田操車場跡地に当院を含む様々な医療機関等が集積し、それぞれが機能を発揮しながら有機的に連携していくことで、同跡地がまちづくりのコンセプトである「健康・医療のまち」へと大きく成長していくことを期待しています。