摂津市商工会

摂津市商工会 会長 武友良雄

摂津市商工会 会長 武友良雄

「摂津市・吹田市による『健康・医療』のまちづくりに期待する」

 平素は、当商工会の事業活動にご支援とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
摂津市は、市域の半分以上が工業又は準工業地域であり、4,000を超える事業所が集積する北摂きっての産業都市です。こうした摂津市にあって、当商工会は、業種の違いや規模の大小を超えた会員相互の連携や、市行政や各種団体・機関との連携を図りつつ、摂津市内商工業の発展と豊かなまちづくりをめざしての活発な活動に取り組んでいます。

来る平成31年度(2019年度)、摂津・吹田両市域に跨る吹田操車場跡地に国立循環器病研究センターが移転してまいります。同地域では、国立循環器病研究センターを中心とした医療クラスターの形成に向けた動きが進みつつあり、特に、摂津市域では、定住魅力あふれる都市型居住ゾーンの整備のほか、企業や研究機関が集積する「医療・健康創生ゾーン」が整備されるとお聞きしています。

 この「健康・医療」をキーワードとした新たなまちづくりの構想が実現すれば、摂津市域にも、国内外から多くの企業、研究機関が進出してくることとなり、当商工会としましても、地域経済の活性化につながるものと大きな期待を寄せております。
摂津市、吹田市及び国立循環器病研究センターをはじめとする関係の皆様には、一大プロジェクトの実現に向けて、しっかりとスクラムを組んで取り組んでいただきたいと思います。
当商工会としましても、国際級の医療クラスターの形成、そして健康・医療のまちづくりの実現に向け、皆様の取り組みを支援してまいります。