UR都市機構西日本支社

独立行政法人 都市再生機構西日本支社長 西村志郎

独立行政法人 都市再生機構西日本支社長 西村志郎

吹田操車場は昭和59年(1984年)にその役割を終え、現在は跡地において「緑と水につつまれた健康・教育創生拠点」の創出をコンセプトとしたまちづくりが着々と進行しています。UR都市機構は、大阪府、吹田市、摂津市から事業要請を受け、当プロジェクトの推進に注力しております。

UR都市機構は、平成21年(2009年)4月の土地区画整理事業の事業認可以降、関係者の皆様との協力体制のもと、都市計画道路や岸辺駅北交通広場、防災公園(明和池公園)等の基盤整備を進めてまいりました。

また、基盤整備のみならず、国立循環器病研究センターや市立吹田市民病院、JR西日本による駅前複合施設、近鉄不動産・大和ハウス工業・名鉄不動産による都市型住宅など、北大阪健康医療都市(健都)の骨格づくり、そして市街化促進に向けて施設立地促進してまいりました。

今後は、これら立地施設を核とした「健康・医療のまちづくり」が幅広い連携のもとに展開され、内外の関係者による活発な研究・産業・経済活動等が「医療クラスター構想」のもとで実践され、延いては関西の経済活性化や地域雇用の創出のみならず、世界に誇れる先進地区へと発展することを期待してやみません。